手抜きでいい感じのサイトを作る方法(アイマスオフ用のサイトを作りました)

投稿日: カテゴリー: WordPress

くぎゅう10Pです、

アイマスオフ用に新しくサイトを立ち上げました。
http://nomimas.com/

WordPressで作っております。

なかなかいい感じでしょ?(そうでもない?)
ドメイン以外は全部無料ですよ。

HTMLもCSSもほとんどいじらずに
短時間でソレっぽいサイトが作れるのは
本当にWordPress(と各種プラグイン)のおかげです。

今回はそのWordPressのサイト作成に使ったことを
忘備録てきにメモしていきます。

「手抜き」してサイト作るならこのポイントは
ぜひ抑えておいて下さい。


 

手抜きポイント1:デザインテンプレート(所要時間5分)

WordPressを使う最大の理由です。
ここで9割決まります。

テンプレート自体をセットするのは5分程度で終わります。

ただ、いい感じのデザインを探すのに3時間はかかります(笑)
いい感じのデザインは↓から拾えますので、ぜひ。

無料です。

2016年、人気の無料WordPressテーマ100選

自分でGoogleで探すなら

「WordPress テーマorテンプレート 無料」

ってキーワードあたりで検索するとザクザクでてきます。

「モダン」 「ポップ」 「フラット」 「2カラム」
って感じのキーワードで絞りこみをかけられます。

「ポートフォリオ」 や 「レスポンシブ」 という
キーワードで絞り込むと、今風の、ええ感じのテンプレが
ごっそりヒットすると思います。

こういう作り込んだテンプレートを見ると、
今の自分の技術・センスでは一年かかっても、
こんな洗練されたサイトは作れないだろうなあ、と思います。

無料で公開してくれている各デザイナーさんに感謝。

 


 

手抜きポイント2:WEBフォント (所要時間30分)

目ざといあなたはもうお気づきかと思われますが、
飲みm@sサイトの方は、フォントを変えています。

これだけで「ちょっと技術がある人が作ってる”っぽい”」サイトに
変わるのでオススメです。

HTMLのHeadに1行、
CSSファイルに数行、

ちょこちょこと書き足すだけで作れます。

書き足すこと自体は数分ですが、
どこに書き足せばいいか結構迷いました。

また、どのフォントがいいかなあ、と
悩む時間が2時間くらい発生しています(笑)

 

自分が利用したテンプレートなら
[外観] → [テーマの編集] →(右の方にある)[テーマヘッダー(header.php)]
→上から数行目にある</head>の直前に

<link href=”https://fonts.googleapis.com/earlyaccess/mplus1p.css” rel=”stylesheet” />

[外観] → [カスタマイズ] → [追加CSS] ってところに、

body{ font-family: “Rounded Mplus 1c”; }

って書き足しただけで終わりました。
メイリオやヒラギノじゃ物足りない、と感じる方はぜひ。

参考にしたサイト:

Google Fonts日本語
https://googlefonts.github.io/japanese/

 

M+ Web Fonts Project
http://mplus-webfonts.osdn.jp/

 


 

手抜きポイント3:マークダウン記法を採用(所要時間5分)

マークダウン記法というのは、
まあなんか、HTMLタグの代わりになる
シンプルな記号のことです。

ときにおせっかいなワープロライクなエディタではなく、
ただのテキストエディタとして記事を書きたい、
でもほんのちょっとだけ装飾したい、
そういう細かいニーズにシンプルに答えてくれるのがこれ。

#こうやって書くと見出し1
##こうやって書くと見出し2
文字を**強調**するのも*簡単*です。

ちょっと好みがわかれるかもしれませんが、
自分的にはコレがあるとラクに記事が書けます。

マークダウン記法解説:http://qiita.com/Qiita/items/c686397e4a0f4f11683d

 

使ったプラグイン:JP Markdown
使い方解説サイト:http://netaone.com/wp/jp-markdown/

 


 

手抜きポイント4:GoogleAnalytics(所要時間30分)

WEBサイトは育てるもの

でもどういう方向に育てるべきか、結構難しい問題です。

アクセス解析抜きにそれを考えると
いろいろと遠回りになるので
最初にGoogle先生のアクセス解析(無料)を
導入しておくと、後々ラクできます。

解説サイト:http://web-heihou.jp/blog/analysis/wordpress-googleanalytics/

 


 

 

以上、

WordPressでそれっぽいサイトを
手抜きで作る方法でした。

本業がWEBデザイナーとかでもない限り、
ブログのデザインはラクをしましょう。

ラクをしてもポイントを抑えていれば
それなりに見えるサイトにはなるはずです。

このブログも後々WEBフォントを
導入しようかと思います。

くぎゅう10P

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です