せっかくゴールデンなウィークだしWEBツール作って公開しようと思う

投稿日: カテゴリー: Java

くぎゅう10Pです、

めっちゃ久々のブログ更新です。

今回ブログを投稿しようと思ったのは
コミットメントしたいことがあったからです。

せっかくの大型連休なので
ちょっとしたWEBツールを作ってみようと思います!!

それは、、、

Twiplaの参加状況監視ツールです。

 

TwiplaってのはTwitterでオフ会とかやる時に
すっごい便利なWEBサービスです。

こういうやつで。

ぼくもアイマスオフを告知するのに愛用しています。

今回自分が作ろうとするのは
それにちょい足しするための外部サービス。

ぼくの代わりに10分に1回、参加人数の確認をしてくれたり、
参加者へ自動的に確認DMを送ってくれたりするツールを
イメージしています。

多分、ベテランWEBプログラマなら
一日とかで出来ちゃうレベルのもの。

でも、今の自分じゃ1週間かかるかなあ。

自分の頭の中では出来上がってるけど、
実装してみるといろいろと予定変更があるものだし。

以下、自分用のメモです。

—-

#要件

・Twitter認証を使うこと
(新しくアカウント作らせるの嫌だし、
趣味サービスでメアドなどの個人情報扱いたくない)

・監視したいTwiplaIDを入力すると、参加人数を監視できる。
(TwiplaとはTwitterでオフ会やる時に使えるWEBサービスです。こんな感じの)

・一括DM予約機能
(TwitterのAPI的にどこまでできるか調査必要)

・アラート機能(○日までに○人超えたら自分にDM、などの設定ができる)

 

技術仕様(っていうのかな?)

・Java(仕事で使っているので。JavaEE。Pleiadesで開発)

・Heroku(なんだかイケてるクラウドインフラらしい。無料枠)

・GitHub(他エンジニアにコード見て貰えるし、Herokuで必須だし)

 

画面数6つくらい?

・Twitter認証画面?(もしかしたらリダイレクトだけ?)

・TOP画面(TwiplaID入力)

・Twipla監視画面

・アラート設定画面

・一括DM予約画面

・一括DM結果画面

 

以上。

本当にWEBツールを作ることができるのか
暖かい目で見て頂けると幸いです。

まずは開発環境から準備しないと・・・

くぎゅう10P

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です