未分類

6つのミニマリストタイプ

くぎゅう10Pです、

一口にミニマリストと言ってもいろんなタイプがいます。

「服20着以下ならミニマリスト」とか

「荷物はスーツケース1つだけじゃないとミニマリスト失格」とか、

そういうわかりやすい基準はあまりミニマリストには当てはまりません。

基本的に、ミニマリストは人それぞれ。

「あれはいらない」

「あれは捨てた」

「このアイテムはミニマリスト必携」

みたいな万人にあてはまる方程式みたいのはありません。

100人のミニマリストがいれば100通りのミニマリズムスタイルがあるからです。

とはいえ、ある程度の傾向を分類することができます。

以下にぼくが勝手に考えてみた6つのタイプを記述してみます。

っていうか前にも書いたことがあるような気がするんですが、

アウトドアer、ガジェッター、コストパフォーマー、シンプルライフ、ヒッピー、求道者、の6タイプですね。
アウトドアer

「山は一日に春夏秋冬がある」と言われるほど気候の変化が激しく、対応するためのアウトドアグッズはミニマリズムの固まり。

頑丈、軽量、実用性、マルチユースを追求し尽くしたこれらのツールの使い方を知り尽くしています。

いつでもバックパック一つで動ける彼らは、災害時にも強いでしょう。
ガジェッター

アウトドアerがアナログのモノに強い人なら、ガジェッターはデジタルに強い人です。

本、写真、音楽、映画、手帳、アイディアノート、なんでもデジタル化&クラウドにしてしまいます。

アプリやサービスに精通しているので、
時間が来たので残り4タイプはまた来週。

くぎゅう10P

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です