健康習慣とログインボーナスの興味深い関係

投稿日: カテゴリー: 未分類

くぎゅう10Pです。

金曜日は運動とか健康の話です。

今日は、頑張らないで健康習慣を身につける方法について。

健康の習慣って、けっこう身につけるのがめんどくさいです。

身体とか健康とかに関係する習慣は、人間の生存本能に根ざしています。

なので、ほかの行動習慣を作るのに比べ、何倍も難しいことが脳科学的に分かっているそうです。

例えば、健康のために毎日30分運動する、と決めたとしても、

ほぼ100%の確率で「これ継続しても意味ないんじゃないかな?」「今日はめんどくさいなあ、辞めとこう」などと自分に言い訳しはじめてしまうということです。

それを最小限に抑えるためにぼくがやっていることを2つのポイントに分割してご紹介します。

その1、3ヶ月はログボ期間と心得る。

例えばダイエットのために毎日30分自転車をこぐと決めたとします。

普通の人は明日から毎日30分自転車に乗ると思います。

続けられるならそれでもいいのですが、

一番誠心的にラクで、一番成功率高いのは、最初の3週間とかは、「1日5分だけ乗る」くらいにすることです。

とにかく、最初の3ヶ月は、ハードルをめっちゃ低くします。

最初の最初は、サドルをまたぐだけでOK!とかにしてもいいくらいです。

たったこれだけでも、毎日続けていると、人間意外とその気になってきます。

すると、次はあまり頑張らなくても続けられます。

これをぼくは勝手に「ログインボーナス効果」と呼んでます。

無課金プレイを貫くつもりで、ログボ目当てに毎日ゲームにログインしてたら、だんだんとゲームにハマってしまい、プレイ時間が長くなってしまうアレですね。

最初の3ヶ月はログボだけもらい続けるつもりで、めっちゃハードル低い目標にします。

その2、強制される環境に身を置く。

これは最強です。

3ヶ月のログボ期間をクリアするあたりに、それを強制されるようにするということです。

ゲームなら、いろいろとデッキやアイテムを要求されるイベントで上位を狙う感じでしょうか?

3ヶ月もやってるとなんとなく立ち回りが分かってきますし、ログボで最低限の資材は揃っているはずです。

実生活に置き換えると、

自転車を毎日30分走るなら、毎日の通勤経路に自転車を使うようにすればいいのです。

勉強なら、資格試験とか、プレゼンとか、そういうイベントを差し込んでしまいます。

ログボ期間を経てないで急にコレをやると、反動がもの凄く、かなりイヤになります。

逆に、3ヶ月も継続していると、自分の中に継続する脳回路がほぼ出来上がっているので、相当楽に続けられます。

3ヶ月はログボ期間として、めっちゃハードル低くする。

その後はある程度「強制力が働く環境」を作る。

以上2点で、習慣づくりはだいぶ楽になると思います。

ぜひあなたも今日からログボ期間にしてみて下さい。

くぎゅう10P

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です